不眠症 生命保険

事前に知っておきたい!不眠症で通院すると生保に入れない

怒っているイメージ

不眠症やうつ病で通院履歴がある場合、生命保険に加入しようと思っても断られます。

 

精神科への通院履歴が5年以内にあって、7日間以上の治療を受けていた場合がこれに適用されるようです。

 

 

どうしてこんなことが分かったかというと、よく会社に生保のおばちゃんが来ますよね。ご多分に漏れず、ウチの会社にも生保レディがあめ玉片手によくやってきます。

 

で、笑顔で「こんにちは〜ちょっといいですか?」なーんて猫なで声で近づいてくるわけです。こっちは「キタきた」という状態ですが、とりあえず話を聞いて、なんとなく詳しい説明を聞かざるをえない状態で説明されるわけですが、その時に「通院履歴などはありますか?」と聞かれた時に、正直に「はい、ありますよ」と答えたわけです。

 

で、不眠症で通院していたことなんかを話したくもないのに話したら、
「ごめんなさい、そういうケースの場合は保険加入できないんですよね」と。

 

いやいや、別に入りたくないし!と思いながら、なんだか人格否定された気分でブルーになった、というわけです。

 

 

もし既に加入している場合は

考えているイメージ

 

気になったので調べてみたところ、仮にその時に「いえ、ないですよ〜」と答えていたら入れたみたいですが、もし何らかの理由でそのことが保険会社に分かってしまった場合は、「告知義務違反」ということでペナルティが課せられ、最悪契約解除にまでなってしまうようです。

 

もちろんそれまで掛けた保険料は返金されません・・・

 

保険会社や商品によっては入れるものもあるようですが、基本的には入れないと思っておいたほうがよさそうです。更には、仮に入れたとしても、最悪保険料が降りなかったりすることもあるようなので、そうなったらサイアクですね。。。

 

 

中には粗悪なセールスマンもいたりして、分かっていても入らせてしまうケースも残念ながら少なからずある模様です。

 

 

これは不眠症に限らず、うつ病や神経性障害、パニック障害、その他メンタルヘルス系の病気にかかっている(いた)方も同様ですので、思い当たる方は事前に分かっておいたほうが良さそうです。

 

もしそんな状態の方がいて、解約返戻金が設定されている保険だったら、一旦保険を解約して返戻金を受け取ってしまうということも視野に入れると良いかもしれません。

 

 

私も病院に通って睡眠薬をもらっていましたが、そんなことはつゆ知らず、ただ病気を治したいと思って通院しただけなのに、思わぬ落とし穴がありました。やっぱり不眠やうつを解消するには出来る限りのことをやってみて自分で治していくことを考えればよかったなと思っています。

 

眠れない状態はサイトTOPで紹介している不眠症解消サプリで早めに治してしまいましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加