睡眠薬 副作用

睡眠薬を飲んでいるのに眠れない・・・なぜ??

睡眠薬を飲んでいるのに眠れない女性睡眠薬を飲んでいるのに眠れないの。。どうしてなんだろう・・・?

 

管理人恐らく身体に免疫が出来てしまい、効かなくなっている可能性があるね!

 

 

そうなんです。
不眠症の場合、多くの方が医者に行って睡眠薬や抗鬱剤を処方してもらうわけですが、睡眠薬には依存性や副作用があり、また身体の中でも抗体が出来上がってしまうことで効かなくなって来るケースがあるんですね。

 

管理人はそこまではいきませんでしたが、ある程度学んで分かっていたので、早めに睡眠薬から足を洗って、自然な眠りになることの選択肢としてサプリメントを選びました。

 

管理人が学んだ睡眠薬の副作用についてお伝えします。医者から聞いたことなので、情報としては正しいと思います。

 

 

睡眠薬の効果と副作用、危険性について

 

不眠症からくる家庭不和

まず、睡眠薬はなぜ飲むと眠たくなるのかというと、「脳に対して強制的に中枢神経を鈍らせる働きかけをする」からです。

 

言ってしまえば、薬の力で脳を停止させる状態にするわけです。
これってなんだか良い感じはしませんね。

 

実際に睡眠薬には下記の副作用が挙げられます。

 

睡眠薬の副作用

使うほどに依存性が強くなり、ひどい場合は睡眠薬なしでは完全に眠れなくなる

腎臓や肝臓に相当負担をかけている

せっかくやめようと思っても、依存によりなかなか抜け出すことが難しくなる

脳を停止させる働きにより、倦怠感、やる気が全く起きないなどの副作用が出る

早い話、睡眠薬を飲んだところで不眠症(うつ病)は治療出来ない

 

 

また、常用していることで身体に睡眠薬の成分が蓄積されていくことで発症する病気もあるようです。いずれにしても、本当に軽めの睡眠薬で短期的な治療として飲む場合は別として、常用だけは最初からしない!と誓って飲んだほうがよさそうですが・・・

 

いずれにしても最初はみんなそう思って飲んでいるでしょうから、睡眠薬を飲む前に出来ることはしたほうが良いでしょう。
飲んでた自分が言うのもなんですが・・・汗

 

 

抗うつ剤や睡眠薬の前に体の中を整える

自分が睡眠薬を飲んでいた経験と、不眠症を治してしまった実体験から言えば、少なくとも不眠症は完治出来る病気だと思っています。

 

基本的に不眠やうつになる原因は医学的に証明されているので、原因が分かっているのであればそれを取り除けばいいってことですよね。何をしたらいいのかも分かっているのであれば、優先順位はそちらが先になります。

管理人

これは当サイトでも何度も説明していますが、うつや不眠の原因としては「セロトニンの分泌不足」が最も大きいということが分かっていますので、セロトニンの分泌を最大限に促す成分を身体に取り入れてやれば良いわけです。

 

不眠症の原因と改善、対策について、そしてセロトニンを増やすためにはどうしたら良いのかについては下記にて説明していますので、今睡眠薬を飲んでいる方、またはこれから飲もうと思っている方は一読しておいてください。

 

セロトニンを増やすには?

 

このエントリーをはてなブックマークに追加